お仕事用語…CTP

  • 2012.10.09 Tuesday
  • 21:24
 この仕事をするにあたって,ここ数年やたらに耳にする言葉にCTPっていうものがあるんですが。

これを,DTP(デスクトップパブリッシング《パソコン上で出版物を作成すること》)の変化系だと誤解する人が現れたので,これも解説せねばなりません。

CTPとは,【Computer to Plate(コンピュータ・トゥ・プレート)】の略で,読んで字のごとく,パソコンから直接刷版することです。
ちなみに,従来通り,製版フィルムを版に焼き付けて行う刷版のことは,FTP【Film To Plate(フィルム・トゥ・プレート)】と言います。

DTP化が進んでも暫くは,最終製版はフィルムで行われていましたが,今はどんどんCTP化され,フィルム出力をする機会はぐっと減りました。

世の中のデジタル化が進んだからってこともあるだろうし,DTP用のアプリケーションが多数開発されたこともあるでしょうが,こんな風に急激に製版過程が変化した理由として,コストの軽減っていうこともあります。
従来の製版だと,製版カメラ・スキャナ・焼き付けプリンタ・自動現像機などなど,結構高額な機材を揃えなければならなかったし。
その上,様々な大きさ・種類の製版用フィルムも必要だったし,そのフイルムを現像する液など,多々コストがかかったし。
また,1か所の文字修正のために,フィルムすべて,版すべてを,1から作り直すなんてこともあって,材料費も時間もかなり費やすことが多かったのです。
それに,フィルムって,とっても傷がつきやすいから,取扱いにも注意が必要だったし,折れ曲がった日には,その部分の筋が印刷に入っちゃったりするんで,もう一度作らなきゃならないっていうことになって,結構大変でした。

CTP化されて,写真製版時代に必要だった,手間や設備のいくつが不要になって(その代わり,校正《出来上がったデータと原稿を照らし合わせ,誤植や体裁の誤りを正す作業》用のデジタル出力機《インクジェットプリンタだのデジタルコンセンサスだのっていう校正物出力機》の需要が多くなったけど…),ずいぶんコストが低減され,時間も短縮されました。

システム自体も,大規模な設備がなくても,パソコンと,画像処理用(主にPhotoshop)・グラフィック用(主にIllustrator)・文字組用(InDesignやQuarkXPressやEDICOLOR)のアプリケーションと,CTPデータを作成するアプリケーションがあれば,殆どのことができるようになりました。
およその経験値で行ってた作業も,数値で制御できるようになったし。
何より,データが出来上がってからの修正が,修正用のアプリケーションを使うことによって,すべてを作り直す必要もほぼなくなりました。

さらに,ネットワークで,データを送ってしまえる世の中になったので,フィルムを届けなくても,印刷屋さんがそのデータを受け取って,刷版・印刷ができてしまうという,すっごい時代になりました。


長年,アナログ製版に携わった身としては,何か少し寂しい気もしますが…

(あの,フィルムを貼ったり切ったり合わせたりって作業は,面倒だったけど,面白かったなぁ…)


あの頃と比べて,納期がものすごぉぉぉく短くなって大変ですが(__;)


んで,データで全てが完結してしまうから…
ちょっとしたことで,とんでもないミスが発生したりする恐怖もありますが(-.-;)

この時代の流れを楽しみながら。
過渡期を生きて来た世代として,様々なノウハウを伝えて行ければいいなと思っています。


「you-and-ku」でした。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

神速InDesign
神速InDesign (JUGEMレビュー »)
森裕司,尾花暁,たけうちとおる,宮地知,今関洋一,結城しおり

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM